喪服の小物にもマナーがあります!

●喪服のマナーを守ることは大切

お葬式に参列する際は黒い服を着ていけばいいよね、とブラックフォーマルではない黒いスーツや黒いワンピースで参列しようと考えている人がいるかもしれません。

でも、喪服はただ単に黒い服ならば良いというわけではなく、しっかりとしたマナーが存在するものです。

最近では冠婚葬祭だけではなく、あらゆる面で昔ほどマナーやしきたりの概念が薄くなっているので、多少しきたりから外れていても良しとされる風習ではあります。

でも、お葬式の場ではまだまだしきたりや風習が色濃く残っていて、喪服のマナー違反をした状態で参列すると「常識のない人」のレッテルを張られてしまう危険が高い場でもあるのです。

では、喪服のマナーとはどのようなものかというと、まず男性はブラックフォーマルの黒スーツに白ワイシャツ、黒ネクタイに黒靴下、バッグや靴も黒で統一します。

女性の場合も黒のスーツまたは黒ワンピースのツーピースで、スーツはスカートが主流です。昔はパンツスーツもNGでしたが、今はパンツスーツのブラックフォーマルも増えています。

そして黒のストッキングにバッグも靴も黒で統一しますが、デザインに普段来ているスーツやワンピースに加えて条件が存在します。


●小物にもマナーがあります!

お葬式に参列する際の服装マナーはバッグ、靴、アクセサリーなどの小物にも適用されます。

喪服はブラックフォーマルでばっちり決まっても、小物がマナー違反をしてしまっては全て台無しになってしまうので、事前にしっかり準備をしておくことが大切です。

特に女性で気をつけなければいけないのはバッグとアクセサリーです。

バッグも黒ならば良いというわけではなく、光沢の無い布製または皮製のハンドバッグでないといけません。

金属の装飾がついているものはNGで、ショルダーバッグもNGです。

また、他に荷物があるという場合にはサブバッグを持ち込みますが、サブバッグも布製の黒一色のものを使います。

また、アクセサリーはパールの一粒イヤリング、パールの一連ネックレス、結婚指輪以外はつけてはいけません。特にパールであるからと二連ネックレスをつけると「不幸が重なる」という意味につながり大変失礼にあたるので絶対にしてはいけません。

これらの小物についても普段使っている手持ちの品からシンプルな物を選ぶのではなく、ブラックフォーマル専門の売り場で売られている専用の物を購入しておくとマナー違反の心配が皆無になるので安心です。

ブラックフォーマル|各通販サイトの【人気商品】をご紹介します!のトップページへ